トイレリフォームで便利に!トイレリフォームランキング!

HOME > トイレリフォーム情報 > トイレリフォームなら自動洗浄の便器を設置する

トイレリフォームなら自動洗浄の便器を設置する

人が居住するスペースの中でもトイレはある意味で、一番綺麗で快適な場所でなくてはならないのではないでしょうか。
お客様が来たらトイレを使用することももちろんありますし、居住する人にしてもトイレという個室は一日に何度も入る場所です。
しかし、トイレも居住する年数とともに劣化し、独特の臭いも付着してしまいます。
そんな時に人はトイレリフォームを考えるわけですが、今のトイレは入ったら自動で便器の蓋が開き、終わったら自動で流れて、最後は自動で便器の蓋が閉じるという、言わばドアとトイレットペーパーだけにしか触れずにトイレを済ますことができるようなものが多くなってきているようです。
さらに、便器も自動で洗浄してくれますので、一昔前のトイレ掃除のように、たわしでゴシゴシ擦るなどという作業は不要になりました。
かえってゴシゴシ擦ると傷が付いてしまうのでやってはいけないという注意書きもあるようで、大変便利な世の中になってきたようです。
トイレリフォームするなら便器掃除が不要な自動洗浄機能付きの便器がお勧めのようです。



トイレリフォームをする際に必ずやりたい追加工事

住宅の中で毎日必ず使うところの一つにトイレがあります。
お風呂は入らない事があるとしても、トイレに行かない日は無いです。
そんなトイレをリフォームする際には、必ずリフォームと共に、手すりもしくは手すりの下地を入れておいた方がよいです。
トイレリフォームする時期というのは、新築を建ててからだいたい10年?20年ぐらいです。
次に工事をするのはまたそのぐらい後になります。
ですから、将来の老後や万が一の介護を考えた時に手すりをつけておいた良いでしょう。
手すりの工事は下地が必要で、無い場合は壁を壊すので、せっかくなので、トイレリフォームと一緒に壁紙と床をやるついでに手すり工事をしてしてしまった方が、後で別々にするよりも安く済みますしトイレの中の色合いも統一感が取れて見た目も綺麗にできます。
トイレを工事するなら、それに合わせてトイレ室全部を綺麗にしてあげた方がメリットが多いです。



トイレリフォームの計画を立てることも大切です

地方の街で、まだ下水道の工事が進んでいない所もあり、そろそろ工事が進められる情報が入った時に、行動を進めるご家庭もあります。
トイレを水洗トイレに変えたり、タンクにためるタイプから、下水道を使えるように自宅トイレの工事を進める方もいます。
もともと水洗トイレの場合、トイレリフォームで新しい商品に取りかえるだけなので、費用を安く抑えられる場合があります。
下水が使えるようになり、水洗トイレに変えるために、地面も工事をする必要がある場合、工事費用がかかってしまうこともあるため、業者に相談をして、トイレリフォームがどのくらいの金額となるかを知ることも大切です。
事前におおよその金額を知っておくことで、お金をコツコツと貯めていくなど、速めに準備を進められる方もいます。
下水を使えるようになった時など、早めに行動できるように準備を整えていくことも大事なポイントです。

次の記事へ